タムシバ採取

今日は、花のころは過ぎ、新緑のやわらかな若葉がしっかりとした葉へと成長したタムシバを、採取しにいきます。

宮川森林組合の広葉樹アロマは、枝葉を合わせた状態で蒸留しますので、
4月から、葉が落ちる11月にかけて、こうして、材料を採取しては蒸留するプロセスを繰り返します。
(タムシバの場合、アロマの蒸留をしない部分は、燻製チップの材料にします。)

高度が高めの場所を好むタムシバは、自然林の斜面に生育しています。

スギ・ヒノキの人工林とは異なり、タムシバ、クロモジ、カナクギノキといった広葉樹は、他の樹木にまじって混沌とした自然林(いわゆる雑木林)に生育していますので、他の樹木としっかり見分けながら、ときには周囲の木を整理して光の通り道を切り開きながら、枝葉を採取します。

タムシバ

すっくとそびえるタムシバ。
10メートルほどに成長している場合もあります。

クロモジは群生していることがありますが、タムシバは密集せず、点在して生育します。

春の初め、花のころ、山の斜面を見上げると白い花がぽつぽつと見えることがありますが、あれが、タムシバだったりコブシだったりします。
(コブシとタムシバのわずかな違いは葉のつき方です。)

花のころに場所の見当をつけておいて、葉の時期に採取しにいきます。

タムシバ

タムシバ

細長いしっかりとした葉がびっしり。

採取する場合は、来年以降のことを考えていくつかの枝を残しながら、風通しをよくするように、切っていきます。

切ったばかりの枝や葉からは、ほんのりの甘い香りがします。
噛むと甘い香りがするので「カムシバ」と呼ばれ、それが転じて「タムシバ」となった、、、というのもうなずけます。

タムシバ

採取した枝葉は、蒸留しやすい長さに剪定して、じっくり時間をかけて抽出した後、タムシバ精油となり、みなさまのもとへ旅だっていきます。

(忙しい採取の合間に写真を撮っていただきました。ありがとうございました!)

“Odai” エコパークの森のアロマ

2016年より「森の彩~もりのいろ~」としてご紹介してきました宮川森林組合のアロマ商品は、

2017年4月19日、「Odai」として生まれ変わりました。

大台町の森の恵みを、天然素材をいかした商品としてお届けします。

〇オリジナルアロマの原材料である樹木については、こちら



クロモジ


タムシバ


カナクギノキ

”Odai”森のアロマ、これまでお試しいただいた方に、こんなご感想をいただいています。。。

  • 香りはどれも心に馴染む、落ち着く香りで心地よかったです。
  • こんなにフルーティーなヒノキ精油ははじめてです。
  • どの香りも角がないので嗅いでいて優しい気持ちになりました。
  • 香りの質が非常に良く、心配していたケミカルなフレーバーのないアロマで大変気に入りました。
  • 全体的に感じたのは、自然のままのそれぞれの樹の香りがするなって思いました。

ご感想お待ちしています!こちらから。


奥伊勢フォレストピア(三重県大台町薗)での展示風景です。
黒塗りの展示棚は、地元大台町産のヒノキで製作しました★