ヒノキ Chamaecyparis obtusa

ヒノキ科ヒノキ属 (★常緑高木)
学名:Chamaecyparis obtusa

語源は「火の木」とも。花言葉は「意思の強い人」
優しく落ち着いた木の香り。

 

(精油)
 βフェランドレン、酢酸テルピニル
(芳香蒸留水)
 テルピネン4オール

・テルピネン4オールはティートリーの主成分のひとつ。
 森の香り(フィトンチッド)といわれる物質でもあります。
・酢酸テルピニルは香料として食品添加物に
 指定されている成分です。
・日本では、昔から、ヒノキの木そのものの香りに
 親しんできました。
 アロマ成分としても、消臭や抗菌作用が期待されています。

<期待される効能>
 抗菌、消臭、防虫、血行促進

<成分表>
 ヒノキ精油の成分表はこちら

<エッセンシャルオイル>
 ヒノキのエッセンシャルオイルは、こちら