広葉樹活用(循環する森)

from Odai

 

●ユネスコエコパーク

ユネスコエコパークとは、豊かな生態系や生物多様性を守りながら文化的・経済的・社会的に持続可能な発展を目指している地域として、国際連合教育科学文化機関「ユネスコ」が認定している「生物圏保存地域(Biosphere Reserve)」の日本での通称です。

 

 

●大台ケ原・大峰山・大杉谷ユネスコエコパーク

奈良県と三重県にまたがる、大台ケ原・大峰山・大杉谷ユネスコエコパーク

エコパーク

紀伊半島の中部にある三重県の大台町は、全域が、このユネスコエコパークに認定されています。なかでも、エメラルドグリーンの渓谷として有名な大杉谷は、その核心地域に指定されています。

宮川森林組合は、この大台町にある森林組合で、大台ケ原から伊勢湾まで流れる宮川流域の森林を管理しています。

エコパーク

 

●広葉樹活用

エコパークの森林で採取した種子を地域で育て(地域性苗木)、造林地へ配植して還元し、広葉樹を取り入れた森づくりをする。やがて育った森から、広葉樹を活かした商品を開発して販売していく・・・

宮川森林組合では、エコパークの森で、これまでのスギ・ヒノキ中心の林業のかたわら、広葉樹資源を活用した新たな林業に取り組んでいます。

広葉樹を活かした商品づくりは、エコパークに所属する大台町で、森の循環を実現し、持続可能な発展をめざしていくためのチャレンジなのです。

●森のアロマストーリー

エコパークの森で採った種から苗木を育て、森へ植樹する。
種採りからはじまる”循環する森”の物語。 

PDFファイル

 
・・・森の循環は、森の恵みをお届けするわたしたちだけでは成り立ちません。

商品となった森の恵みをお使いいただき、生活に役立てていただいて初めて、森と街をつなぐ経済サイクルが実現し、森の循環が完成します。

森も、水も、ひとも豊かに・・・

宮川森林組合がお届けする広葉樹商品を通じて、森と離れて暮らすみなさまにも、エコパークの森の循環の担い手となっていただければ・・・と思います。

●広葉樹商品ラインナップ

●現地視察・体験イベント

エコパークの森のウォーキングツアー、蒸留体験、アロマや蜜蝋を使ったハンドメイド体験イベントなど、企画していく予定です。ご要望がありましたら、お問い合わせください。


〇ウェブマガジン「otonamie」の記事はこちら
〇宮川森林組合のチャレンジについてはこちら
〇ウィークエンドカフェの記事はこちら
〇三交ホーム(森をつくるひと


●「森の彩」(~2017年3月)●
「HERS1月号」(光文社)にて、モデル松本孝美さんのお気に入りを紹介するコーナーに掲載いただき、伊勢丹新宿店のイベントに出店させていただきました。